ヘッドライン

CNET Japan 最新情報 総合
  最終更新日  
サイト テクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト。ニュースだけでなく、オピニオンリーダーによるコラムやインタビュー、ブログなども掲載
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成  
言語  
「どこでも社食」のシンシアージュ、カフェレストランの吉むすびと提携へ
サイト: 企業の福利厚生サービスとして近くの飲食店を社員食堂にできる「どこでも社食」を運営するシンシアージュは8月16日、吉むすびと提携を開始したと発表した。
NFTの認知率は3割、保有ジャンルは「スポーツ」や「漫画・アニメ」--MMD研究所が調査
サイト: MMD研究所は8月16日、「NFT(非代替性トークン)に関する調査」を実施したと発表した。認知率は30.8%で「現在保有している」との回答者は3.2%。保有経験のあるNFTジャンルについては、「スポーツ」が41.2%と最も多く、次いで「漫画・アニメ」が39.2%、「音楽・芸能」が34.0%としている。
写真で見るグーグルのAI活用ロボット--自然な言葉を理解、缶を捨てポテチを渡す
サイト: グーグルは、Everyday Robotsのロボットに人工知能(AI)技術「PaLM」を組み合わせた「PaLM-SayCan」を発表し、これを使ったロボットを披露した。その様子を写真とともに紹介する。
グーグル、曖昧な指示を理解し対応できるロボットをテスト中--AI言語モデルを応用
サイト: グーグルは、親会社Alphabetのロボット事業部門Everyday Robotsのロボットに、言語を扱う最新の人工知能(AI)技術「PaLM」を組み合わせ、その結果生まれた「PaLM-SayCan」という技術を、米国時間8月16日に公開した。
東京〜サンフランシスコが6時間の超音速旅客機、アメリカン航空が20機を購入へ
サイト: Boom Supersonicの超音速旅客機「Overture」が、ユナイテッド航空に続き、アメリカン航空からも大型受注を獲得した。
「10年以内に人型ロボットが普及」--E・マスク氏、中国メディアに自説を掲載
サイト: 中国サイバースペース管理局(CAC)の公式刊行物で先ごろ公開された記事の中で、同社の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が人型ロボットに関して語った内容が明らかになった。
アップル、オフィス復帰期限を9月5日に設定か--出社は週3日以上
サイト: アップルがオフィス復帰の新たな期限を設定したと、Bloombergが報じている。
オラクル、「TikTok」のアルゴリズムを審査--セキュリティの懸念を払しょくへ
サイト: Oracleは、ショート動画アプリ「TikTok」のアルゴリズムとコンテンツモデレーションモデルの審査を開始した。セキュリティが懸念される中で同アプリがユーザーデータを保護していることを米議員に示すための取り組みの一環だ。
VRに「匂い」で高い没入感--多感覚メタバースで新たな体験が生み出される可能性
サイト: 視線や声色、体の動きなどは、メタバースやVRで再現できるようになりつつある。一方で、人間の感覚の中でも、オンラインでは「匂い」の再現はいろいろな取り組みが行われているものの、極めて難しい印象がある。そこでここでは、匂いとメタバースの可能性についてみていきたい。
我が子の日常をSNSでシェアする「シェアレント」--児童労働や心身の危険への批判も
サイト: 写真や動画の人気を競うSNSの流行で、今では「キッズインフルエンサー」も次々と現れてきた。だが、その管理者は大抵親であり、今、そうした親たちの意識が新たな問題になっている。無防備な投稿が、オンラインでの子どもの性的搾取の温床になっているのだ。